CFD取引の疑問・調べたことまとめ

管理人がCFD取引を始めるにあたって、気になったことをまとめてみました。

CFD取引は、投資資金以上の損失を被る?
CFD取引はFXと同様に自動ロスカットシステムがありますが、相場状況により投資資金以上の損失を被る可能性はあります。
自動ロスカットシステムにより、証拠金を上回る損失が出ないように強制決済が行われます。ただし、週明けから週末の価格から大きく乖離して寄り付いた場合に、ロスカットが間に合わず投資資金以上の損失を被るリスクがあります。
これは、CFD取引に限らず、FX、日経平均先物、商品先物も同様です。

CFD取引最大手のIG証券なら扱える銘柄数が、1000銘柄よりも多い?
IG証券が取り扱う銘柄数は約11,000銘柄。圧倒的な銘柄数です。
IG証券では、株価指数CFD、商品CFD、債券CFD、株式CFD(個別株)、為替(FX)が取引できます。このうち個別株が約10,000銘柄を占めています。海外の個別株投資を検討される方には向いてるでしょう。
CFD取引ならNYダウやNASDAQに投資ができる?
NYダウやNASDAQに投資できます。
DMM.com証券、GMOクリック証券、IG証券のどれでも取引可能です。NYダウ、NASDAQ、S&P500とアメリカの各指標を取引できます。
CFD取引なら原油、金、銀、プラチナ投資ができる?
CFD取引なら、貴金属系の商品も取引できるのが魅力です。
CFD口座を持つだけで、金投資、プラチナ投資ができるようになります。
CFD取引ならオーストラリアの個別株も買える?
IG証券なら取引可能です。
GMOクリック証券も一部の海外の個別株CFDが取り扱っていますが、オーストラリアの銘柄は扱っていません。海外個別株ならIG証券が豊富です。


2016年10月10日 CFD取引の疑問・調べたことまとめ はコメントを受け付けていません。 CFD取引入門