日経225先物とCFDの違い・特徴

株式投資をしている方なら、日経平均に連動した金融商品に投資したいと考える方も多いでしょう。日経平均と言えば日経225先物と日経平均CFDですね。

では、日経225先物と日経平均CFDは何が違うのでしょうか?

今回は日経225先物とCFD市場で高いシェアを持つGMOクリック証券の日経平均CFDの違いについて調べてみました。

日経225、日経225mini、CFD 比較結果

日経225、日経225mini、CFDを比較した結果をまとめてみました。

「取引期限がある先物は難しそう」、「大きなお金を投資するのは不安」、「取引時間が長い方が良い」という方には、日経平均CFDが良さそうです。

日経225 日経225mini CFD
取引期限 あり なし
取引時間 9:00~15:15
16:30~3:00
8:45~5:50
※祝日も取引可
取引単位 1000 100 10
最小証拠金 約70万 約7万 約2.2万
手数料(スプレッド) 270円 38円 10~50円
価格の刻み幅 10 5 0.1

※CFDは、店頭CFD市場でトップシェアのGMOクリック証券のデータです。

  • CFDの方が取引単位が小さいので初心者向き
    日経225は証拠金が70万円なので敷居が高いですが、
    CFDは証拠金が2万円前後、取引単位も小さいので初心者向きです。

    取引単位の小ささを生かして買い下がりもしやすいですね。
    >> 日経CFDの買い下がり戦略

  • CFDは取引期限なし
    先物は長期投資に不向き。先物には限月というルールがあり、取引できる期日が定まっています。
    例えば、「日経平均先物mini 3月限」という銘柄は、3月2週目が取引終了日となるため、長期保有したくても決済して「4月限」や「6月限」を買い直す必要があります。買い直しの取引手数料や利益確定による税金がかかります。

    CFDは取引期限が無いので一度買った後は何年でも長期保有できます。

  • CFDの方が取引時間が長く、チャンスが増える・早く逃げられる
    取引時間が長い方が、チャンスが増えるのはもちろんのこと、急ぎの事態に早く逃げられます。
    先物は株式市場の取引開始時間と同じですが、CFDは15分前の8時45分から取引できるので、9時の寄り付きの暴落を避けられる可能性があります。

  • CFDは価格の刻み幅が狭い
    あと、意識されにくいポイントですが、CFDの方が「価格の刻み幅が狭い」です。
    買い板と売り板の差が広いと成行決済が不利になります。先物より成行決済がしやすいですね。

公式サイト:GMOクリック証券 CFDを詳しく見てみる

>> CFD証券会社の選び方!4つのポイントで徹底比較

そもそも、日経225先物とは

日経225先物に馴染みの無い方のために、日経225先物の説明をかんたんにしておきます。
日経225先物とは、日経平均株価指数を対象とした金融商品です。

日経225先物には、「日経225先物」と「日経225先物mini」があります。
「日経225先物」と「日経225先物mini」の大まかな違いは取引単位です。

日経225先物には大きな資金が必要ですが、日経225先物miniは日経225先物の10分の1単位なので少ない資金でも取引できます。

日経225、日経225mini、CFDを詳しく比較

日経225、日経225mini、CFDのそれぞれの特徴を詳しく比較していきます。

取引期限

先物は長期投資に不向きです。
先物には限月というルールがあり、取引できる期日が定まっています。

日経225先物 限月ごとの価格
限月 始値 高値 安値 現在値
18年6月限 21,240 21,340 21,690 21,310
18年9月限 21,180 21,280 21,640 21,280
18年12月限 21,090 21,190 21,300 21,190

例えば、「日経平均先物 6月限」という銘柄を買っていたとしたら、6月2週目が取引終了日となるため、長期保有するなら決済して「9月限」や「12月限」を買い直すことになります。
買い直しによる取引手数料や利益確定による税金がかかります。

対して、CFDは取引期限が無いので一度買った後は長期保有ができます。

取引時間はCFDの方が長い

先物とCFDどちらも、東京証券市場が開いている時間以外も売買可能です。
夜間も取引できるため、夜中のニューヨーク市場での暴落にもすぐに対応できます。

日経225先物とCFD取引を比べると、CFDが扱う証券会社により差はありますがCFD取引の方が取引時間が長いです。

日経225先物 CFD
DMM.com GMOクリック
取引時間 9:00~15:15
16:30~3:00
9:00~15:30
16:30~4:50
8:45~5:50

日経225先物は土日祝は休みですが、CFD取引は土日休みで祝日は取引可能です。

最小取引単位と必要な証拠金

それぞれの最小取引単位と証拠金について確認していきます。
日経225先物は1000単位で約70万円、日経225先物miniは100単位で約7万円です。

CFD取引は更に小額の取引が可能で、10単位から取引できます。
証拠金は現在値の10%なので、日経平均が22000円なら必要な証拠金も22000円です。

証拠金=日経平均22000円 ÷ 10% × 10単位

最小取引単位 証拠金
日経225 1000 約70万
日経225mini 100 約7万
CFD 10 約2.2万

参考までに、最小取引単位で買いポジションを保有した状態で、日経平均が上昇したときの損益です。

日経平均が22000円から23000円に上昇したら…損益は?

 日経225先物:+100万円
 日経225先物mini:+10万円
 CFD:+1万円

利益は大きい投資は、その分想定と逆に動いたときの損失も大きくなります。
CFD取引は最小取引単位が日経225先物miniよりも小さいため、より柔軟な投資ができます。

手数料とスプレッド

最小取引単位あたりの手数料とスプレッドです。
CFDの方が日経225先物miniよりも安いことがあります。

日経225先物の手数料(楽天証券より)
日経225先物:278円
日経225先物mini:38円

CFD取引の手数料は無料なので、買いと売りのスプレッドが実質的な手数料です。
CFD取引:20円 ※時間帯により10円~50円

呼び値(価格の刻み幅)の単位

更に、日経225先物に比べてCFD取引が優れている点があります。
日経225先物の呼び値(売買する際の価格の刻み幅)は10円単位(miniなら5円単位)です。

日経225先物の場合、相場の急激な変動時に対して成行で決済すると10円分、自分が不利な条件で決済することになります。
最低枚数で取引している場合、損益にすると1万円分の損失。

対して、CFD取引は「0.1円単位なので細かく決済できるため、相場の急激な変動にも強い」と言えます。

まとめ

日経225先物とCFDの違いをご紹介しました。
日経平均指数に投資したい方にとっては、「CFDも選択肢として十分有り得る」ことが伝わったのではないでしょうか。

日経225 日経225mini CFD
取引期限 あり なし
取引時間 9:00~15:15
16:30~3:00
8:45~5:50
※祝日も取引可
取引単位 1000 100 10
最小証拠金 約70万 約7万 約2.2万
手数料(スプレッド) 270円 38円 10~50円
価格の刻み幅 10 5 0.1

※CFDは、店頭CFD市場でトップシェアのGMOクリック証券のデータです。

日経先物と違い、CFDは多くの銘柄を取引できるメリットもあります。デメリットを挙げるなら、CFDを提供している証券会社が少ない、証券会社によって取り扱い銘柄やルールが多少異なることでしょう。

>> CFD証券会社の選び方!4つのポイントで徹底比較


2016年9月18日 日経225先物とCFDの違い・特徴 はコメントを受け付けていません。 他の金融商品と比較