取引時間で比較!CFD主要銘柄

各CFD会社の人気銘柄7つの取引時間を比較してみました。
CFDと一口で言っても各証券会社によって取引時間が少しずつ違いがあります。

取引時間は、スプレッドや取引銘柄ほどの違いはないので参考程度に考えると良いでしょう。
>> CFD証券会社の選び方!4つのポイントで徹底比較

【CFD銘柄 取引時間比較対象】

  • 日経平均株価(JPN225/JPY)
  • ナスダック100(NDQ100/USD)
  • ダウ工業株30種平均(USDJ30/USD)
  • 米国SPX500(SPX500/USD)
  • 原油(OIL/USD)
  • 金(GOLD/USD)
  • 銀(SILVER/USD)

「取引時間で比較!CFD主要銘柄」の続きを読む…

口座開設日数で比較!最短でCFDが取引できる証券会社は?

CFD口座をすぐに開設したい!
「でも、どこの証券会社に申し込んだらすぐにCFD口座を開設できるのか?」

各証券会社に問い合わせをして、最速で口座開設できる証券会社を探してみました。

郵便事情に左右される部分がどうしてもありますが、
審査がスムーズに済む証券会社だと早く口座開設ができそうですね。

「口座開設日数で比較!最短でCFDが取引できる証券会社は?」の続きを読む…

サクソバンク証券 CFD銘柄一覧(検索機能付き)


世界の約6000銘柄が取引できるサクソバンク証券のCFD銘柄一覧です。

サクソバンク証券 個別株CFDには、世界の多くの国の銘柄が揃っています。

  • アジア
    東京、中国(香港)、シンガポール、オーストラリア
  • 北米
    アメリカ、カナダ
  • ヨーロッパ
    アイルランド、イギリス、イタリア、オランダ、オーストリア、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ポーランド
  • アフリカ
    南アフリカ共和国

商品CFDには、原油(WTI原油、ブレント原油)や、金、銀、プラチナなどがあります。

※2018年8月22日時点のサクソバンク証券公式サイトのデータをもとに作成しています。

「サクソバンク証券 CFD銘柄一覧(検索機能付き)」の続きを読む…

【レビュー】CFD取引ツール「はっちゅう君CFD」を使ってみた

GMOクリック証券からCFD用のデスクトップインストール型の取引ツール「はっちゅう君CFD」がリリースされました。

18/02/14(水) 待望の「はっちゅう君CFD」ついに登場 ~デモ版を先行リリース!~

2018年2月28日(水)よりCFD取引のデスクトップ専用ツール「はっちゅう君CFD」をリリースすることをお知らせします。
click-sec.com

2/14からデモ版が公開、2/28から本番用が公開されるとのことなので、待ちきれず、デモ版を評価してみました。
結論から言うと、はっちゅう君CFDは「日経平均や原油などの素早いデイトレ」や「良い銘柄を発掘してスイングトレード」に向いてそうです。

公式サイト:GMOクリック証券

「【レビュー】CFD取引ツール「はっちゅう君CFD」を使ってみた」の続きを読む…

米国株一覧【マネックス証券とサクソバンク証券を徹底比較】

米国株投資を中心としたい方向けに、
銘柄数の多いマネックス証券サクソバンク証券の米国株を徹底的に比較してみました。
(各証券会社のCFD取扱銘柄はこちらを参照)

銘柄数だけ見ればマネックス証券の米国株は多いですが、どちらかの証券会社のみの銘柄も多数あります。

  • マネックス証券 米国株3322銘柄
  • サクソバンク証券 米国株2368銘柄
  • 共通 1773銘柄
  • マネックス証券のみ 1549銘柄
  • サクソバンク証券のみ 595銘柄

※注意:マネックス証券は現物株、サクソバンク証券はCFD取引の銘柄数を記載しています。
サクソバンク証券は2018年9月から現物株にも参入し、世界の個別株 約1.1万銘柄(米国株 約6000銘柄)取引できるようになりました。

マネックス証券では現物株投資、サクソバンク証券では現物株とCFD投資になります。

2018年中頃にサクソバンク証券も米国現物株を取り扱う予定です。将来的には、サクソバンク証券では現物とCFDの両方が取引できるようになります。

【サクソバンク証券】現物1.1万株 取扱開始!

今まで、サクソバンク証券はCFD(信用取引)だけを扱っていました。
しかし、2018/9/5からマネックス証券を超える外国の現物株(約1.1万銘柄)も取引できるようになりました。

さすがのサクソバンク証券、現物株でも他社を圧倒する銘柄数です。後発だけあって手数料も他社より安い設定となっています。米国株の戦略が随分と広がりそうですね。

公式サイト:サクソバンク証券の口座開設はこちら。

【CFDとは?】
株の信用取引やFXに似ていて、米国株に限らず世界の株式、株価指数、商品などをレバレッジ投資・空売りができる金融商品です。
>> はじめてのCFD!初心者入門(全3回)

「米国株一覧【マネックス証券とサクソバンク証券を徹底比較】」の続きを読む...

【1000円から取引】証拠金で比較!CFD主要銘柄

各CFD会社の人気銘柄7つの必要証拠金を比較してみました。
GMOクリック証券とDMM.com証券は取引単位が小さく、1000円から投資ができます。

IG証券は取引単位が大きく、余裕をもった取引に500万円は欲しい気がします。

自分の投資資金に見合った証券会社を選ぶようにしましょう。

【CFD銘柄 必要証拠金比較対象】

  • 日経平均株価(JPN225/JPY)
  • ナスダック100(NDQ100/USD)
  • ダウ工業株30種平均(USDJ30/USD)
  • 米国SPX500(SPX500/USD)
  • 原油(OIL/USD)
  • 金(GOLD/USD)
  • 銀(SILVER/USD)

「【1000円から取引】証拠金で比較!CFD主要銘柄」の続きを読む…

取引ツールでCFD会社を比較

GMOクリック証券、DMM.com証券、IG証券のPC、スマホ取引ツールを比較してみました。今回調査したツールはこちらです。

調査した取引ツール
CFD会社 PCツール スマホアプリ
GMOクリック プラチナチャートCFD CFDroid
DMM.com DMMCFD ADVANCE、プレミアチャート
IG証券 ウェブベースプラットフォーム IGトレーディング

「取引ツールでCFD会社を比較」の続きを読む…

CFD会社のロスカット・追証条件を比較

DMM CFD、GMOクリック証券、サクソバンク証券、IG証券のロスカット・追証条件を比較してみました。CFD会社により大きな違いがあります。
GMOクリック証券のセーフティーバルブシステム(ポジション毎のロスカット)は、初心者には心強い機能でしょう。

「CFD会社のロスカット・追証条件を比較」の続きを読む…

最大レバレッジで比較!CFDのレバレッジは?

CFD取引の最大レバレッジは銘柄の種類毎に決まっています。

  • 株式CFD 5倍
    日本株・外国株などの個別株です。

  • 株価指数CFD 10倍
    日経平均、NYダウ、S&P500などの指数です。

  • 商品CFD 20倍
    原油、天然ガスなどの資源系、とうもろこし、大豆などの穀物系があります。

  • 債券CFD50倍
    日本国債や外国債などです。

「最大レバレッジで比較!CFDのレバレッジは?」の続きを読む…

CFD証券会社の選び方!4つのポイントで徹底比較

あなたの投資スタイルに合わせた、ベストなCFD証券会社とは?

実は、CFD証券会社によって扱う銘柄や取引ツールが全然違います。
扱う銘柄を知らずに口座開設すると後悔するかもしれません。

DMM.com証券、GMOクリック証券、サクソバンク証券、IG証券のそれぞれの特徴を徹底的に比較します!

「CFD証券会社の選び方!4つのポイントで徹底比較」の続きを読む…