くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDを比較してみた

日本のCFD市場には、東京金融取引所が扱うくりっく株365(取引所CFD)店頭CFDの2つがあります。

くりっく株365と店頭CFDは、どちらもCFDですが特徴がかなり違います。
今回はくりっく株365と店頭CFDの違いをまとめてみました。

細かく比較しているので時間が無い方は「くりっく株365と店頭CFD比較表まとめと結論」をご覧ください。

【2017/11/26追記】
東京金融取引所が2017/11/22に発表した「海外株価指数証拠金取引の一部商品仕様の変更について」により、店頭CFD(GMOクリック証券CFDなど)の方が有利になったと言えるでしょう。

くりっく株365と店頭CFD比較表まとめと結論

※店頭CFDは、CFD売買代金国内第1位のGMOクリック証券を参考にしています。

くりっく株365 店頭CFD
透明性 レート提示金融機関が少ない CFD会社に依存
為替影響 受けない 受ける
銘柄数 4 138
最低資金 約1万円 1000円以下
スプレッド 広い 狭い
手数料 約150円~ 0円
レバレッジ 約50倍~90倍 5倍~20倍
配当 あり 一部銘柄あり
金利 0円
12月18日より
買い:支払い
売り:受け取り
買い:支払い
売り:受け取り
※NYダウ等の一部銘柄は支払いなし
人気 どちらも同じぐらい

【まとめ】

くりっく株365は長期投資向きです。
「為替の影響を受けない」、「配当が貰える」、「金利支払いなし」なので長期投資に向いています。

長期投資にはくりっく株365が有利と考えていましたが、2017/12/18以降、買い建て玉は金利支払いが発生するようになりました。
配当が貰えるものの金利支払いがあるため、以前ほど長期投資に魅力がありません。
>> くりっく株365 NYダウで金利支払い有り!長期投資できるのか?

また、スプレッドが広いため短期売買には向きません。
>> くりっく株365とGMOクリックCFD スプレッドが広いのは?

>> 主要なくりっく株365取扱会社比較を見てみる

店頭CFDは、短期売買向きです。
「銘柄数が多い」、「スプレッドが狭い」ので短期売買に向いています。
>> 【店頭CFD】CFDで取引できる銘柄一覧
>> 【店頭CFD】スプレッド比較
>> CFD会社の選び方!4つのポイントで徹底比較

GMOクリック証券CFDでは、S&P500、NYダウなどを買っても金利支払いがありません。
信託報酬がかからないので、長期投資にもメリットがあります。

公式サイト:GMOクリック証券を詳しく知りたい方はこちら

店頭CFDとは? くりっく株365とは?

CFDには、店頭CFDとくりっく株365(取引所CFD)の2つがあります。

店頭CFD GMOクリック証券が主流

店頭CFDは、CFD会社と顧客が相対取引する仕組みになっています。

相対取引とは、株式市場のように「取引所」での取引ではなく、取引所を介さずに個人投資家とCFD会社間で、売り手と買い手となり売買する取引方法のことを指します。相対取引では、CFD会社が提示したレートで売買します。

店頭CFDならGMOクリック証券が主流です。
なぜなら、日本の店頭CFD市場の取引高7割をGMOクリック証券が占めているからです。

※上図は2012年時点のグラフでシェア6割

他にもDMM.com証券やIG証券などもありますが、店頭CFDを始めるならGMOクリック証券は検討すべきでしょう。

公式サイト:GMOクリック証券を詳しく知りたい方はこちら

くりっく株365=取引所CFD

取引所CFDと言えば、「くりっく株365」のことを指します。
くりっく株365は、東京金融取引所が2010年から取り扱いを開始した金融商品です。

店頭CFDの相対取引のように2者間ではなく、取引所で決定したレートなので価格に透明性があると言われています。

【東京金融取引所の透明性について】
現状(2017年時点)において、取引所にレートを提示する金融機関(マーケットメイカー)は2社しかなく、取引所の目指す「顧客有利のレート提示」は、スプレッド幅や値動きを見ても、まだ透明性が高いとは言えない印象を受けます。
今後、マーケットメイカーが増えることを期待したいですね。

店頭CFDとくりっく株365を比較

では、店頭CFDとくりっく株365のどちらが良いのでしょうか?

取引スタイルによって向いている商品が違います。
店頭CFDとくりっく株365でメリット・デメリットがあるので、商品の特性を理解して決めた方が良いでしょう。

透明性の高い取引がしたい→引き分け

くりっく株365が謳う強みは、「複数金融機関が提示するレートから最良を顧客に提示する」価格の透明性です。

しかし、現状はレートを提示する金融機関(マーケットメイカー)が2社しかありません。
昨今のスプレッドの開きや、NYダウ先物とのレート乖離を見ると、東京金融取引所が目指す「透明性の高さ」はまだこれからという印象です。

次に、店頭CFDはレートを提示する証券会社に依存します。
FXの話になりますが、評判の悪いFX会社の中には、「ストップロス狩り、意図的なスリッページ」により顧客が損するように仕向けて儲けているそうです。

ですから、店頭CFDの場合でも、証券会社選びが重要になります。

その点、私が利用するGMOクリック証券は、FX、CFDで共に取引高1位となる人気ぶりで顧客からの支持があります。
GMOクリック証券CFDを利用していて、大きな価格の乖離やスプレッドの開きは感じません。

為替レートの影響を受けない→くりっく株365

店頭CFDの難しい面として為替レートの影響があります。原油先物、金先物は米ドル取引が中心ですから、これらの先物を基にしたCFD銘柄も米ドル換算です。従って、多少ではあるもののドル円の為替レートが損益に関係してきます。

対して、くりっく株365は為替レートの影響を一切受けません。
常に1ドル=100円計算です。NYダウやDAXの取引において為替レートを考えなくて良いのは楽ですね。

「為替レートを考えながら取引するのが面倒!」と考える方は、くりっく株365(取引所CFD)が良いでしょう。

取扱銘柄が多い方が良い→店頭CFD

くりっく株365は、主要な株価指数とはいえ、売買できる銘柄が4銘柄です。

【くりっく株365で投資できる株価指数4銘柄】

  • 日経平均指数(日経225)
  • NYダウ
  • DAX
  • FTSE

対して、店頭CFDはCFD会社によりますが、豊富な銘柄から売買できます。

【店頭CFDで売買できる銘柄数】

  • DMM.com証券 7銘柄
  • GMOクリック証券 約140銘柄
  • IG証券 約11,000銘柄

扱う銘柄が多い分、チャンスに出会える可能性は高くなります。

各CFD会社で取り扱う銘柄を知りたい方はこちらをご覧ください。
>> 【店頭CFD】CFDで取引できる銘柄一覧

小額取引がしたい→店頭CFD

GMOクリック証券のCFDは1万円もあれば十分に売買可能です。
対して、くりっく株365は最低でも3万~9万円が必要になります。

最近、FXは1000通貨取引という小額取引が流行っていますが、CFDの方が更に小額取引ができます。
銘柄を選べば、1000円でも売買できます。

お小遣い目的に小額投資を考えている方は、店頭CFDが良いでしょう。

デイトレがしたい→店頭CFD

くりっく株365とGMOクリック証券CFDのスプレッドを比較してみましたが、
GMOクリック証券の方が狭いようです。

更に、くりっく株365は手数料がかかります。デイトレ等の短期売買をしたいなら店頭CFDでしょう。

>> くりっく株365とGMOクリックCFD スプレッドが広いのは?

人気(口座開設数と証拠金残高)→引き分け

口座開設数と証拠金残高から人気を比較してみました。

【店頭CFD】

日本証券業協会 店頭CFD取引状況(一覧)より

2013年にCFD会社撤退を受けて証拠金残高、口座数は減少しています。以降、持ち直しています。
2016年9月時点で、証拠金残高:170億円、口座数:130,288件です。

【取引所CFD くりっく株365】

2010年の上場以降、証拠金残高、口座数は右肩上がりです。
2016年10月時点で証拠金残高:438億円、口座数:58,473件です。

口座数は店頭CFDの方が多く、証拠金残高は取引所CFD(くりっく株365)の方が多いですね。
これは、店頭CFDの方が小口の取引ができることに関係してると考えられます。

直近の口座開設件数の伸びを見ても、どちらも1年で1万件前後です。
店頭CFDとくりっく株365の人気はどちらも同じぐらいのようですね。

比較まとめ

くりっく株365 店頭CFD
透明性 レート提示金融機関が少ない CFD会社に依存
為替影響 受けない 受ける
銘柄数 4 138
最低資金 約1万円 1000円以下
スプレッド 広い 狭い
手数料 約150円~ 0円
レバレッジ 約50倍~90倍 5倍~20倍
配当 あり 一部銘柄あり
金利 0円
12月18日より
買い:支払い
売り:受け取り
買い:支払い
売り:受け取り
※NYダウ等の一部銘柄は支払いなし
人気 どちらも同じぐらい

【まとめ】

くりっく株365は長期投資向きです。
「為替の影響を受けない」、「配当が貰える」、「金利支払いなし」なので長期投資に向いています。

長期投資にはくりっく株365が有利と考えていましたが、2017/12/18以降、買い建て玉は金利支払いが発生するようになりました。
配当が貰えるものの金利支払いがあるため、以前ほど長期投資に魅力がありません。

また、スプレッドが広いため短期売買には向きません。
>> くりっく株365とGMOクリックCFD スプレッドが広いのは?

>> 主要なくりっく株365取扱会社比較を見てみる

店頭CFDは、短期売買向きです。
「銘柄数が多い」、「スプレッドが狭い」ので短期売買に向いています。
>> 【店頭CFD】CFDで取引できる銘柄一覧
>> 【店頭CFD】スプレッド比較
>> CFD会社の選び方!4つのポイントで徹底比較

GMOクリック証券CFDでは、S&P500、NYダウなどを買っても金利支払いがありません。
信託報酬がかからないので、長期投資にもメリットがあります。

公式サイト:GMOクリック証券を詳しく知りたい方はこちら

主要なくりっく株365取扱会社比較

取引所CFDならどの証券会社が良いのでしょうか?
くりっく株365を取り扱う証券会社を調べてみました。

くりっく株365の手数料 ※2017/12時点

証券会社 手数料(税込)
 マネックス証券 152円
カブドットコム証券 153円
 岡三オンライン証券 153円
岩井コスモ証券 216円
インヴァスト証券 216円

手数料だけで見るとマネックス証券に次いで、岡三オンライン証券、カブドットコム証券ですね。

サラリーマン投資家のための取引ツール比較(スマホ対応状況)

3社(カブドットコム証券、岡三オンライン証券、マネックス証券)はそれぞれPC用の高機能取引ツールがあります。
しかし、忙しいサラリーマン投資家は自宅で取引するよりも、スマホで売買することが多いはずです。

そこで、スマホ対応状況について調べてみました。

岡三オンライン マネックス証券 カブドットコム
スマホ対応
スマホアプリ android × ×
iphone/ipad × ×

スマホ対応状況で見ると明確な差がありました。
現時点(2017/12)においては、岡三オンライン証券が一番良さそうですね。

【岡三オンライン証券の自動売買ツールについて】

岡三オンライン証券について調べてみると、くりっく株365の自動売買ができるそうです!
忙しいサラリーマン投資家に自動売買ツール「RSS 365CFD」は、かなり気になる機能です。

「RSS 365CFD」は、よくある”売買ルールお任せ”ではありません。

売買ルールお任せの自動売買に、自分の大切な資金を預けるのはおススメできません。
楽だからとお任せにしてしまうと、「よく分からない売買ルールで資金が減っていくだけ」です。

その点、岡三オンライン証券の自動売買ツール「RSS 365CFD」は、自分で売買ルールを定義できます。

自分で売買ルールを定義する方式は、専門知識が必要なことが多いのですが
サイトに雛形が公開されているので専門的な知識は不要です。Excelが扱えれば利用できます。

岡三オンライン証券 期間限定タイアップ・キャンペーン!

当サイト経由で岡三オンライン証券で口座開設された方に期間限定の5000円キャッシュバックがあります。

>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら
CFD比較用

くりっく株365を取り扱う証券会社


2017年1月5日 くりっく株365(取引所CFD)と店頭CFDを比較してみた はコメントを受け付けていません。 他の金融商品と比較