【1000円から取引】証拠金で比較!CFD主要銘柄

各CFD会社の人気銘柄7つの必要証拠金を比較してみました。
GMOクリック証券とDMM.com証券は取引単位が小さく、1000円から投資ができます。

IG証券は取引単位が大きく、余裕をもった取引に500万円は欲しい気がします。

自分の投資資金に見合った証券会社を選ぶようにしましょう。

【CFD銘柄 必要証拠金比較対象】

  • 日経平均株価(JPN225/JPY)
  • ナスダック100(NDQ100/USD)
  • ダウ工業株30種平均(USDJ30/USD)
  • 米国SPX500(SPX500/USD)
  • 原油(OIL/USD)
  • 金(GOLD/USD)
  • 銀(SILVER/USD)

CFDの主要銘柄の証拠金比較表

GMOクリック DMM CFD サクソバンク IG証券
日経平均 2万 2万 2000 20万
ナスダック 7万 7万 7万 140万
ダウ 2.5万 2.5万 25万 50万
SPX500 3万 3万 3万 140万
原油 2700 2700 1.35万 13.5万
7500 7500 7.5万 7.5万
1000 1000 5000 5万

GMOクリック証券DMM.com証券なら日経平均やNYダウが2,3万円から。
原油や金は1万円以下、値動きのある銀が1000円以下で取引できるのは手軽で良いですね。

IG証券は投資資金が多い方向け、サクソバンク証券はGMOクリック証券とIG証券の中間に位置づけられます。

世界の個別株に投資したい方は、投資資金に応じてIG証券かサクソバンク証券を選ぶと良いでしょう。

【CFDを扱う証券会社を比較】
スプレッド 証拠金 銘柄数
ツール ロスカット レバレッジ
【証拠金比較表に関する注意】
各銘柄の証拠金は、9/1時点の証拠金をもとに端数を切り上げています。
現時点の正確な証拠金は、各CFD会社公式サイトをご確認ください。


2017年9月3日 【1000円から取引】証拠金で比較!CFD主要銘柄 はコメントを受け付けていません。 CFD証券会社