年利20% S&P500CFDのレバレッジ投資とは

年利0.18%と年利9.8%のインデックス投資があったら、どちらに投資をしたいですか?

こう質問をされたら、誰しも年利9.8%に投資がしたいと答えるでしょう。

では、次に日経平均とS&P500のどちらに投資をしたいですか?
(S&P500とは、ざっくり言うと米国の日経平均みたいなもの。)

と聞くと、米国なんて分からないし日経平均への投資の方が安全と考える方も多いのではないでしょうか。

ですが、過去30年の年利回りを比較すると
日経平均は年利0.18%
S&P500は年利9.89%

過去30年に限らず、どの期間においてもS&P500の方が優れたパフォーマンスです。

【過去○年の平均年利回りを比較】
投資期間 日経平均 S&P500
過去10年 1.57% 6.98%
過去20年 0.786% 7.94%
過去30年 0.184% 9.89%

この衝撃の事実を知ってからは、「長期投資をするなら日経平均よりもS&P500」と考えるようになりました。

かの有名なウォーレン・バフェットも、一般人への投資にはS&P500のインデックス投資を勧めているそうです。
長期で見たらプラスとなっている投資ですから、多くの米国人が株と投資信託をやっているのが分かりますね。

さて、高パフォーマンスを誇るS&P500の長期投資ですが、日本人がS&P500投資をするには「為替差損」を考えなければなりません。

そこでオススメなのが、為替リスクが少ないGMOクリック証券CFDでS&P500に投資する方法です。

更に、CFDのメリットを生かしてレバレッジ2倍投資なら、期待利回りを2倍にもできます。
過去30年の平均年利 9.89% × レバレッジ2倍 = 年利 約20%

CFDでS&P500に投資するメリット、注文方法、なぜS&P500が高パフォーマンスなのかまとめてみました。

ETFや投資信託より、CFDをお勧めする理由5つ

S&P500投資には投資信託、ETF、CFDがあります。
それぞれのメリット・デメリットをまとめた比較表はこちらです。CFDはETFや投資信託に無い強みがあります。

CFD ETF 投資信託
リアルタイム取引 ×
取引手数料 ×
信託報酬 なし あり あり
為替リスク × ×
レバレッジ ×
空売り ×

取引がリアルタイムかつほぼ24時間取引

CFDはほぼ24時間取引、祝日も取引できるのがメリットです。
対して、ETFは東京証券取引所のオープン時間のみ(平日9:00 – 11:30、12:30 – 15:00)、投資信託はリアルタイム取引さえできません。

手数料も安い、信託報酬なし

S&P500 20万円分を新規・決済した場合の手数料は以下の通りです。

  • CFD 33円
  • ETF 370円(SBI証券)
  • 投資信託 無料(ノーロードの場合)

投資信託が最安のように見えますが、投資信託とETFには毎年かかるコスト、信託報酬があります。

  • CFD 信託報酬なし
  • ETF 0.102%(1557 SPDR S&P500ETF)
  • 投資信託 0.243%(iFree S&P500インデックス)

信託報酬は毎年かかる費用です。
ETF、投資信託のどちらに投資しても年間200円~400円かかることになります。

CFDなら取引手数料の33円だけで済みます。

為替リスクが損益だけで済む

CFDの強みは為替リスクが損益だけで済むことです。

為替レート100円でS&P500に20万円を投資したとします。
S&P500が高パフォーマンスでも為替レートで損益は大きく変わります。

S&P500が値上がり10% 為替レートに応じた損益表
CFD ETF 投資信託
100円 +2万円 +2万円 +2万円
95円 +1.9万円 +0.9万円 +0.9万円
90円 +1.8万円 -0.2万円 -0.2万円

ETFや投資信託は、円高には非常に弱いです。
S&P500投資のつもりが、為替投資になってしまっているかのようです。

CFDは商品の仕組み上、「損益部分に対してのみ為替の影響」となっています。
ですから、為替をほとんど気にせずS&P500投資ができます。

【(参考)CFDの損益計算式 1ドル100円で買い、○円で決済したときの損益 】

決済時:1ドル100円
20万円 × 10% = +2.0万円

決済時:1ドル90円
20万円 × 10% × 90 / 100 = +1.8万円

決済時:1ドル80円
20万円 × 10% × 80 / 100 = +1.6万円

GMOクリック証券CFDは元本が為替の影響を受けないため、円高に非常に強い。

レバレッジ投資もできる

CFDはレバレッジ投資ができます。
最大レバレッジは10倍です。

ETFでも信用取引ならレバレッジ3.3倍とできますが、信用取引は年間3%前後の金利支払いとなるためオススメしません。
CFDの金利は各証券会社によりますが、GMOクリック証券CFDなら金利がかかりません。

空売りもできる

毎年、高パフォーマンスを誇るS&P500の空売りはお勧めしません。
しかし、CFDの仕組み上、買いと同様に空売りもできます。暴落時の備えの1つとして考えておく程度でしょうか。

ETFも空売りができますが、買いに比べると信用口座が必要、毎日金利を支払うことになる等の制約があります。

S&P500がパフォーマンスが良い理由とは?

CFD投資はETFや投資信託に無いメリットがあることをお伝えしましたが、
なぜ、そもそも、S&P500投資が日経平均より優れたパフォーマンスなのか?

疑問に思う方も居るでしょう。

「日本と米国の経済成長率の違い」もありますが、一番の理由は「米国の年金運用は株が主体」だからです。

国民の年金ですから、株価を下支えする政策も行いやすい背景があります。日本と違い「株高はお金持ちだけのメリット」という批判はされにくいです。

ですから、米国の年金運用が株である限り、S&P500は手堅い投資先と言えるでしょう。

5年の月足チャートを見れば非常に安定感があることが分かります。

公式サイト:GMOクリック証券CFDを詳しく見てみる

他のCFDを扱う証券会社が気になる方は、「CFD会社を選ぶ4つのポイント」や、下記の比較結果を参考にしてください。

S&P500投資の損益推移 2017/11~2018/1

実際にGMOクリック証券CFDから、S&P500CFDに投資をしてみました。

スマホアプリからS&P500 CFDを注文したところ、簡単に注文できました。注文の流れが知りたい方はこちらをどうぞ。

GMOクリック証券でS&P500を注文する方法を見てみる

GMOクリック証券にはCFDroidというスマホアプリがあります。

PCからも手軽に投資ができますが、アプリならスマホからでも簡単に注文・損益照会ができます。
投資資金40万円でS&P500 約90万円(29万×3枚)を注文するところです。

3枚買ったので手数料は100円かかりました。長期投資なのであとは放置するだけの簡単な投資です。

約1ヶ月で約7%の利益。出来すぎですが上昇するときは想定以上の利益となります。

赤く囲んだ辺りで買ったポジションです。

日経平均指数に投資していたときは、円高になれば一気に下がり、ハラハラすることが多かったのですが、S&P500投資を始めてからは安心して見ていられます。

◆その後の資金推移
【2017年】
 11/28 +2,269円
 11/30 +12,065円
 12/4 +20,556円
 12/8 +16,887円
 12/12 +22,305円
 12/21 +27,824円
【2018年】
 1/4 +37,416円
 1/11 +51,026円
 1/25 +75,395円 (一部利益確定)

1/11追記 2ヶ月で+5万(利益12%)を達成!

1/25追記 3ヶ月で+7.5万(利益18%)を達成!

年利回り20%を目指していたのですが、地合いが良く3ヶ月でほぼ目標達成したので3枚中2枚を利益確定しました。また下がったタイミングで買い増しを図る予定です。

【2018年5月追記】月足チャートの安定感は変わらず。上昇トレンド転換か?

2018年2月に米国市場が急落したことがニュースで報じられましたが、上昇トレンドに転換してそうですね。
月足チャートの安定感は変わらずです。

さいごに S&P500投資をしてみて

S&P500投資を始めてからは、知人や友人にも「イマイチな日本株で損するぐらいなら、S&P500で米国市場に長期投資したら?」と話すようになりました。

CFDならドル円レートを特に気にする必要も無く、約3万円程度の資金から投資できます。

公式サイト:GMOクリック証券 CFD口座の開設はこちら