北朝鮮ミサイルで日経平均下落?いや、狼狽売りだった!

きょうの東京外国為替市場は、北朝鮮のミサイル発射を受けて、北朝鮮情勢に対する警戒感が高まり、比較的、安全な資産とされる円を買う動きが出て、円相場は一時、1ドル=108円台前半まで値上がりしました。
きょうの東京外国為替市場は、北朝鮮のミサイル発射を受けて円相場は一時、1ドル=108円台前半まで円高が進みましたが、その後は値上がりした円を売る動きも出ています。
円相場 一時108円台前半に | NHKニュース

8/29朝は北朝鮮のミサイル発射を受けて、為替も急激な円高へ、日経平均も下落しました。

ですが、先日の北朝鮮ニュースもそうですが買い場になることが多いです。

果たして、8/29の朝の値動きはどうだったのでしょうか…?

GMOクリック証券CFDなら、東京市場が開く30分前の朝8時半から日経平均指数の取引ができますが、実は、狼狽売りで大きく売られすぎた後は上昇となりました。

8時半からの30分で130円も上昇。
日経平均の取引に必要な証拠金は約2万円。損益にすると1300円となります。

CFDなら東京市場が開く前から取引できるので、リスクヘッジ売りや狼狽売りの買戻しに素早く乗ることができますね。

なお、翌日の8/30時点の日経平均は19475円。
8/29 8時半の19192円からは283円の上昇です。

やはり北朝鮮ニュースは買い場となってますね!

公式サイト:GMOクリック証券


2017年8月30日 北朝鮮ミサイルで日経平均下落?いや、狼狽売りだった! はコメントを受け付けていません。 ニュースとCFD投資