【原油CFDデイトレ3】NY時間前に利益確定する

5万円で原油CFDデイトレをしてみた。」の 第3回目です。
今回は、夜8時頃の閑散した時間帯を利用したトレードを実践してみました。

FXや日経先物を経験されている方ならご存知かもしれませんが、
ニューヨーク市場は22時半開始です。

20時頃は閑散としておりトレンドが生じにくい、トレンドが発生してもダマシの可能性が高いです。今回は20時に発生したトレンドをダマシと捉えてトレードしてみることにしました。

さて、どうなるのでしょうか…

ローソク足チャートを見てみる

日足チャート 上昇相場から一服してるのか?

先週から今週にかけて51ドル突破を試みてますが、51ドルで跳ね返されています。そして、短期移動平均線を割れています。
このまま短期移動平均線を割れて下に行く可能性もあるように感じます。

日足チャートだけでは良く分かりませんので、他の時間足のチャートを見てみます。

4時間足チャート 50ドルが硬い

4時間足チャートも絶妙とも思えるチャートです。
この数時間を見ると50ドル割れの後にすぐ反発しています。

日足チャートからは下に見えますが、短期的には50ドルに壁があります。
今すぐに売りで勝負したとしても、目標は50ドルになるので旨味がありません。

50ドルを割れない状況なので、一旦反発の上昇があってもおかしくはありません。
デイトレできるチャンスが無いか様子見することにします。

20:15 早速、上に向かって反発!売りで勝負する

様子見と決めた瞬間に50.30→50.42と反発がありました。
20時台は大きなトレンドになりにくい傾向があるので、この上昇はダマシと予想して売りで勝負することにしました。

少し早いタイミング?
もう少し待って勢いが止まったのを見てから売りで入れば良かったかもしれません。

この点は反省ですね。

投資資金が5万円なので損失を2%程度に収めたいので、損切りは50.65とします。

21時の上昇で損切りを意識するものの、耐える

売りで入ってから約1時間。
21時に50.55をつけて段階で損切りを意識しましたが、50.55で反転して下降しています。

損切りラインを考えるうえで50.55での反転は非常に参考になります。
損切りラインを50.65→50.55に変更して更に様子見をします。

チャートは21:30時点。
上ヒゲのついたローソク足が出たので、期待が持てる形になってきました。

22時に暴落 50ドル割れとなるか?

これまでの取引は帰りの電車の中での出来事です。

その後、帰宅。
50.55に逆指値を設定して損失を限定しているので安心してご飯、お風呂です。

さて、22:00に狙い通りに下に落ちました。

50ドルを割れるかと思いきや、反転して50.11。
50ドル割れは無いかと思い、22:30より前に利益確定です。

その後の値動き…更に下へ

22:30のニューヨーク市場開始前に利益確定をして一安心したわけですが、その後はこの通り。
50ドルをあっさり割りました。

ニューヨーク市場の寄り付きからの値動きは難しいです。
この利益を狙いに行くなら、ポジションの半分を利益確定して挑むと良いのかもしれません。

さいごに

今回は日足チャートから下方向を予想して、20時の上昇をダマシと捉えて売りで勝負しました。
利益は出せましたが、反省点もあります。

【反省した方が良い点】

  • 売りで入るのが少し早い。上昇が止まったのを見てから入る。
  • NY時間にすべて利益確定するか、一部利益確定を検討する。

デイトレ5万円で始めましたが、少しずつ6万円に近づいてます。
今後は損切りを徹底して、着実に利益を積み上げられるようにしていきたいですね。

>> 5万円で原油CFDデイトレをしてみた。目次はこちら!

【原油デイトレ】 おすすめのCFD会社は、GMOクリック証券

「原油デイトレやってみようかな?」と思った方へ。
3営業日程度で口座開設できます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

公式サイト:GMOクリック証券 CFD口座の開設はこちら