損益・証拠金シミュレータ

CFDは銘柄によっては取引単位や為替レートが関係するため、損益が分かりにくいことがあります。

そこで、GMOクリック証券CFDに対応した損益・証拠金シミュレータを作ってみました。
CFD取引に必要な証拠金や損益の参考にしてください。

【関連記事】
主要銘柄の投資に必要な証拠金をまとめています。
【1000円から取引】証拠金で比較!CFD主要銘柄

【GMOクリックCFD対応】損益・証拠金シミュレータは何ができるの?
  • ポジション量に応じた必要な証拠金が分かる!
    • CFDで取引してみたい銘柄があるけど、証拠金にいくら必要か分からない。
    • 自分の資金に応じて、複数枚を取引したいけど何枚まで保有できる?
  • 新規・決済レートを入れると損益がかんたん表示!
    • どれぐらいの利益・損失になるのかあらかじめ計算したい。
    • 自分が行う取引の損益はどれぐらいになる?

【GMOクリックCFD対応】損益・証拠金シミュレータ

あなたの
資金
銘柄
最大レバレッジ
取引単位
(CFD価格に対して)
為替レート ドル円
売買 買 
取引数量
現在レバレッジ 【チェック】
約定値 ドル
現在値 ドル
外国株訴求A外国株訴求A
【ポジション情報】
取引額
必要証拠金
【損益情報】
取引前資金
損益
現在の資金
証拠金
維持率

当サイトのシミュレータは一部銘柄のみとなりますが、GMOクリック証券【CFD】公式サイトには、全138銘柄対応のシミュレータがあります。
※シミュレータの利用には要口座開設

【過去の上昇記録で損益計算をしてみる】
1ヶ月間で大きく上昇した銘柄を集めてみました。
CFDは年に何度か大きなトレンドができる魅力があります。

公式サイト:GMOクリック証券【CFD】の口座開設はこちら

4つのポイントであなたに合った証券会社を選びます。
 CFD会社の選び方!4つのポイントで徹底比較

【損益・証拠金シミュレータの使用にあたっての注意書き】
損益・証拠金シミュレータは売買タイミングや特定の銘柄の売買等を勧めるものではありません。
損益・証拠金シミュレータは、GMOクリック証券のCFD取扱銘柄の取引ルールを元に作成していますが取引ルールは変わることはあります。正確な情報は必ず、GMOクリック証券公式サイトをご確認ください。
当ツールを参考に取引を行い損失が発生したとしても当方はいかなる損失も補填しかねますので、必ずご自身の責任においてご利用をお願い致します。

CFD銘柄のレバレッジと必要証拠金について

CFD銘柄は銘柄の種類に応じてレバレッジの上限が異なります。
レバレッジと必要証拠金について抑えておきましょう。

必要証拠金とは?

最低限必要な証拠金のことを「必要証拠金」といいます。
100万円の銘柄を取引する場合、レバレッジ無しでは100万円が必要になりますが、レバレッジを効かせることで小額の資金で取引ができます。

必要証拠金の計算方法

必要証拠金 = 約定レート × ポジション量 ÷ レバレッジ

100万円分を取引するとなると、
レバレッジ 20倍なら、100万円 / 20 = 5万円、10倍なら、100万円 / 10 = 10万円が必要証拠金です。

CFD銘柄のレバレッジ上限

CFD取引の場合、銘柄の種類に応じてレバレッジの上限が異なります。

  • 個別株 レバレッジ5倍
  • 株価指数 レバレッジ10倍
  • 商品 レバレッジ20倍
  • その他ETF レバレッジ5倍

最も資金効率が良いのが、レバレッジ20倍で取引できる原油や金などの商品銘柄です。

逆に資金効率が良くないのは個別株です。
とは言っても、株式投資の信用取引はレバレッジ3倍程度なので、信用取引に比べると高レバレッジの取引でしょう。

ちなみに、GMOクリック証券では、バラエティ銘柄(レバレッジ5倍)にトリプルブル・ペア銘柄があります。
トリプルブル・ペア銘柄は、参照資産(原油、金、ダウなど)の3倍の値動きをする銘柄です。レバレッジ5倍ですが、実際はレバレッジ15倍相当の取引が可能です。


2016年10月9日 損益・証拠金シミュレータ はコメントを受け付けていません。 CFD取引入門