GMOクリック証券CFDの口コミ・評判

GMOクリック証券

豊富な140銘柄! CFD市場取引高シェア7割!
○シェアが示す人気!スプレッドも狭い。
○ロスカットがより安全なポジション単位!
○スマホアプリも使いやすい。


GMOクリック証券のCFD概要

取扱銘柄

  • 株価指数CFD(31銘柄)
  • 商品CFD(7銘柄)
  • バラエティCFD(18銘柄)
  • 株式CFD(個別株)(82銘柄)
    Amazon、Apple、Yahoo、Facebookなどの米国株や中国株にも投資できます。

公式サイト:GMOクリック証券で取扱銘柄を確認する。

スプレッド DMM.com証券との比較・対決

GMOクリック DMM.com
日経平均 2.0 7.0
ナスダック 1.0 2.0
NYダウ 1.0 3.0
S&P500 0.3 0.5
原油 3.0 3.9
0.3 1.2
1.5 5.4
【スプレッド比較表に関する注意】
公式サイトで確認できた銘柄は公式サイトのスプレッドを掲載しています。確認できない銘柄については、取引ツールから確認したスプレッドです。
スプレッドは流動性の低下等により拡大する可能性があります。

GMOクリック証券の特徴・強み

ロスカットがポジション単位

一般的な「自動ロスカット機能」は口座全体の資金が底を尽いたら強制決済される仕組みですが、
GMOクリック証券の「自動ロスカット機能」は、口座全体ではなく1銘柄毎の損失額でロスカットをします。

1銘柄毎の損失で判断するので、利益の出ている銘柄は利益を伸ばし、損失の大きい銘柄は自動で損切りができます。

取引ツール

PC、スマホ(iPhone、Android)それぞれで専用の取引ツールがあります。

  • PlatinumチャートCFD
    インストール不要のPC専用取引ツール。
    38種類のテクニカル指標、16画面のチャート表示など本格的なトレードに利用できます。

  • iClickCFD / CFDroid
    iClickCFDはiPhone用、CFDroidはAndroid用の取引ツールアプリ。
    チャートも細かくカスタマイズできますし、個人投資家が注目する銘柄が分かる人気銘柄ランキングが便利。

    スマホ訴求

株,FX,CFDを1つの証券会社で取引

GMOクリック証券は、多くの金融商品を提供しています。口座間の資金連携がスムーズにできます。

【GMOクリック証券が提供する金融商品】
 国内株式
 投資信託
 FX、くりっく365
 日経平均先物、オプション
 CFD
 債券
 クラウドファンディング